1. ホーム >
  2. 診療科ご案内 >
  3. 緩和ケア科

診療科ご案内

緩和ケア科

科の特徴    

  緩和ケアとは、重い病を抱える患者様やそのご家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことです。従来は緩和ケアの対象となる重い病として、手術や放射線、抗がん剤治療ができなくなったがんや後天性免疫不全症候群(AIDS)だけが注目されていました。しかし平成26年1月に、厚生労働省より通知された「がん診療拠点病院等の整備に関する指針」では、がんと診断されたときから「つらさをやわらげる=緩和ケア」を、積極的な治療を続けるためにも始めることが大切と明記されました。重い病としっかりと闘うのに、つらさを我慢するだけでは生きる力の消耗が進んでしまうからです。
 
 私たちはここ加茂病院で、がんと診断・治療された患者様・ご家族の皆さんにはもちろん、加茂市・田上町・近隣地域の病院・診療所・訪問看護ステーション・老人ホームなど地元の医療機関や施設、さらに県内9カ所のがん診療拠点病院(http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/vGanIchiran/fChizuKensakuArea?OpenDocument&p=niigata) と連携し、緩和ケアを必要とする皆様に公立専門医療機関として緩和ケアの提供、医師・看護師など医療者を対象とした教育活動、一般市民向け広報活動、緩和ケアの研究活動を行っています。 
 具体的な診療では毎週1回の緩和ケア外来、一般病棟に入院して行う入院ケア、当院からおおむね車で30分以内の地域の皆様を対象とした在宅緩和ケアを提供しています。また緩和ケアが必要となる重い病として、これからの高齢化社会ではがん/AIDS以外に重症認知症や、慢性良性疾患も問題となってきています。私たちはこれらの病による身体やこころ、精神的な苦痛にも可能な限り対応していきたいと考えています。
 
 緩和ケア科医師は1名が常勤しており、いずれも特定非営利活動法人日本緩和医療学会認定の緩和医療専門医または暫定指導医資格を取得しています。また当院は日本緩和医療学会より認定緩和ケア研修施設として指定を受けています。(http://www.jspm.ne.jp/nintei/list_menu.html)
 重い病と告げられたときからでも、治療に励まれているときからでも、そして治療を終えられたときからでも、私たちは皆様が必要なときにお手伝いをさせていただきます。どうか必要なときに、苦しさを私共にご相談ください。

※当院には厚生労働大臣が定める施設基準に適合した緩和ケア病棟はございません。入院ケアは一般病棟で提供しており、必要な医療費は他の県立病院と同一基準で算定しています。また患者様・ご家族の希望に応じて緩和ケア病棟・ホスピス(http://www.hpcj.org/uses/index.html)へのご紹介も行っております。詳しい内容については、どうぞご相談下さい。

  
スタッフ 堀  正樹

ページの先頭へ ページの先頭へ

 

 

外来診療のご案内

各科診療の受付時間
休診日      
土日・祝日・年末年始

救急の受付について

電話  0256-52-0701